PSPを弄ってみる
header line
line
■記事の内容■

*前へ | 次へ#

iconWiiを改造しましたー Wii4.2j(クロ) IOS導入編
2010/02/01 20:59
次はIOS導入編です
前回の過程を済ましていない方はこちらからやってください
では本文へ
[準備するもの]
1.NUSD_v13Beta.zip
2.Trucha Bug Restorer MOD Ver1.1
3.Any Title Deleter MOD Ver.6

[ダウンロード]
1のRarはココから『DL』
1のZipはココから『DL』
2.3をDL出来るようにまとめました
Rarはココから『DL』
Zipはここから『DL』

[手順]
1.1をDLしてNUSD_v13Betaを起動します
 「Pack->WAD」→「Database...」→「IOS」→「IOS15」→「LatestVersion」→「v257」を選択
 これでIOS15-64-v257.wadをDLしろって選択しました
 下にある「Start NUS Download!」をクリックします
2.同様の手順で「Database...」→「IOS」→「IOS15」→「LatestVersion」→「v523」
       「Database...」→「IOS」→「IOS36」→「LatestVersion」→「v3351」
3.終わったら次のようにフォルダを構成します
SDカード「IOS15-64-v257.wad」
  「IOS15-64-v523.wad」
  「IOS36-64-v3351.wad」
  「apps」-「TBRMOD」
       └「AnyTitleDeleterMOD」
ですこのように構成したらWiiに入れてください

4.「Trucha Bug Restorer」の操作 [1回目]
 「Homebrew Channel」から「Trucha Bug Restorer」を起動
「Trucha Bug Restorer」が起動したらAボタンで「IOS36」に設定し、?ボタンで決定。
 次に「Downgrade IOS15」を選んでAボタンでインストールを進めます。
 「Press any button?」の表示後、ボタンを押すとHBCに戻ります。

5.「Trucha Bug Restorer」の操作 [2回目]
「Homebrew Channel」から「Trucha Bug Restorer」を起動
  また「Trucha Bug Restorer」を起動し、Aボタンで「IOS15」に設定し、?ボタンで決定。
次に表示される画面で一番上の「IOS36 menu」を選択します。
「Install IOS to slot:」を「236」に設定。
次に「Install Ipatched IOS36」を選択し、Aボタンでインストールを進めていきます。
「Press any button?」の表示後、ボタンを押すとHBCに戻ります。

6.「Trucha Bug Restorer」の操作 [3回目]
「Homebrew Channel」から「Trucha Bug Restorer」を起動
  また「Trucha Bug Restorer」を起動し、Aボタンで「IOS36」に設定し、?ボタンで決定。
次に表示される画面で下から2番目の「Restore IOS15」を選択します。
Aボタンでインストールを進めていき、終わるとHBCに戻ります。

7.「Any Title Deleter MOD」を起動します。
  HBCから「Any Title Deleter MOD」を選択して起動し、「Select IOS version to use:」の
 ( 〉内のIOSを「IOS236」に設定してAボタンを押します。するとエラーが表示されますが、
  構わずAボタンを押します。
  不要なIOSを削除します。
 「00000001-System Titles」を選択し、次に表示された画面で「IOS249」を選択し、
  Aボタンを押します。これで「IOS249」が削除されます。
同様の手順で「IOS222」「IOS223」「IOS250」、計4つのIOSを削除します。
ココは間違えるとWiiが大変なことになるかもしれないので絶対に間違えないでください



line
*前へ | 次へ#

コメントを見る(4)
コメントを書く
トラックバック(0)
BlogTOP

ログイン

i-mobile

footer
Powered by FC2 Blog